ぽっこりお腹の原因は「お通じ」にあり!有効な成分でスリムなお腹へ
ぽっこりお腹の原因は「お通じ」にあり!有効な成分でスリムなお腹へ

看護師が陥りやすいぽっこりお腹の原因とお通じ改善のヒント

看護師はぽっこりお腹になりやすい?~便秘のメカニズム~

世の中で一番ぽっこりお腹になりやすい職業が看護師だってことをご存知でしたか?看護師のお仕事はその仕事内容の特徴から便秘になりやすく、ダイエットしているつもりでもぽっこりお腹になってしまうことが多いのです。

どうして便秘でぽっこりお腹になるの?

ぽっこりお腹

人が便秘になりぽっこりお腹になる理由は、腸内に便が溜まっているからです。便が腸内に溜まると、下腹が固くなってしまい、その影響で下腹が少しだけぽっこりと出てしまうのです。しかし、これはあくまでごく初期の段階であり、この時点ではそこまで目立ちません。腸内の便は便秘によって溜まり続けると老廃物から毒性のガスが発生します。そのガスによって腸内がパンパンになってしまいます。こうなるとぽっこりお腹が目に見えて目立つようになってしまいます。つまり、ぽっこりお腹の原因は溜まった便とガスだということですね。

ぽっこりお腹の原因は「慢性便秘」

便秘の中で特にぽっこりお腹の原因となるのが、「慢性便秘」です。これは名前のとおり慢性的に便秘が続いてしまう症状のことであり、便秘に悩んでいる女性の殆どが当てはまります。そんな慢性便秘ですが、大きく分けると3つのタイプがあります。

弛緩性便秘
便秘の中で最も多いのが、この弛緩性便秘です。これは大腸の機能が低下して便が溜まりやすくなってしまうことで発生する便秘です。大腸が弱まると便を外に押し出す力も弱まるため、便が出ていかなくなってしまうのです。そして、溜まり続けることで水分を余分に吸収してしまい、水分不足で便が固まりやすくなってしまうのも特徴といえます。また、出せたとしても兎の糞のようなコロコロとした便であることが殆どです。机仕事が多く、残業続きで中々運動する機会がない人にありがちな便秘です。
痙攣性便秘
緊張などのストレスがもとで腸内が痙攣を起こしてしまい、その影響で便を肛門付近まで上手く流せなくなってしまう便秘です。上記した弛緩性とは逆で、動きすぎて痙攣してしまっているのがポイントです。こちらもやはり便が溜まるので水分を大量に消費して、便が固くなりやすくなります。ストレスの多い仕事だとこの痙攣性便秘になる人が多いです。この便秘は、不特定多数の人と接する仕事だと発生しやすくなります。それも自分に責任が降りかかって、プレッシャーに弱い人がかかりやすい便秘でもあります。
直腸性便秘
緊張もせず、適度に動いているのに便秘になってしまうことがあります。それが、直腸性便秘です。これは、中々トイレに行く時間がとれずに我慢をしている職業に多くありがちな便秘です。例えば、交代制で長時間トイレに行けない交通整備や看護師といった職業が当てはまりますね。直腸性便秘は便秘の中でも特に便が固くなりやすいです。腸内がまともに活動しているので便が一箇所に集まりやすいため、排出がかなり難しくなります。仕事柄仕方ない場合もありますが、できるだけ我慢せずにトイレにいきましょう。

看護師がぽっこりお腹になりやすい理由

  • トイレに行く暇がないので我慢してしまう
  • 水分補給をする時間がない
  • 夜勤があるため生活が不規則になりがち
  • 職場の人との人間関係によるストレス
  • 生死に関わる現場なので常に緊張状態にある

上記のように、看護師さんは便秘になりやすい条件を多数揃えています。そのため、便秘に悩む看護師さんは非常に多いのです。更に、直腸性以外の種類の便秘にもなりやすい条件を揃えてしまっています。近年、看護師の人材不足が問題になっており、交代要員が少ないのも便秘のリスクを助長している原因と考えられます。

ぽっこりお腹を解消するには腸内のデトックスが必須!

ぽっこりお腹をすっきりさせるためには腸内の便を排出し、ガスをなくしていかなければなりません。そのためには、お通じを良くして腸内の健康を保つ必要があります。腸内環境を改善するには腸内菌のバランスを整えることから始めましょう。ここでは、そんな腸内環境を整えるための栄養素について紹介していきます。

ぽっこりお腹の解消に役立つ成分

ラクトフェリン
ぽっこりお腹の解消に効果が良いと評判なのが、ラクトフェリンと呼ばれる栄養素です。これは腸内の悪玉菌を除去し、善玉菌を増やすという腸内環境を整える作用があります。その結果、便秘の原因である悪玉菌が減り、便秘解消効果が期待できます。
食物繊維
便秘解消の定番中の定番である食物繊維ですが、これには種類があるということはご存知でしょうか。有害物質を大概に排出し、腸内の善玉菌を増やす水溶性食物繊維と、便を排出させやすくする不溶性食物繊維です。前者は果物や海藻に含まれ、後者は野菜や芋、豆類に含まれています。
オリゴ糖
オリゴ糖は腸内の善玉菌を増やす作用があります。具体的に説明しますと、オリゴ糖は善玉菌であるビフィズス菌の餌となる成分が含まれており、オリゴ糖を摂取することでビフィズス菌が増える環境を作りやすくなるのです。そんなビフィズス菌は乳製品などを摂取することで増やすことができるため、オリゴ糖単体よりも他の食品と掛け合わせるのがベストです。
乳酸菌
乳製品に含まれていることが多い乳酸菌は腸内環境を整えることができると非常に有名な栄養素です。主にヨーグルトや牛乳に含まれていますが、キムチや味噌、醤油、納豆などにも含まれています。そのため、乳製品を摂取するとお腹を壊す人は別の食品で取りましょう。

お通じ改善に役立つ成分は、色々あります。下記サイトでは、実際にぽっこりお腹に悩んでいる人がお通じ改善できたリアルな口コミが紹介されているので、参考にしてみましょう。

口コミで分かる!お通じ改善のヒント

腸内を弱酸性にするのがポイント!

女性

便秘の原因である悪玉菌が増えていくと、最終的に腸内はアルカリ性になってしまいます。アルカリ性になることで、腸内にはアンモニアやアインドール、スカトールといった有害物質が発生します。これらはいわゆる便の臭いのもとであり、腸内に充満することでより高濃度になります。そして、おならの際にものすごい悪臭を発生するのです。改善方法は、腸内のバランスを弱酸性にしてこれら有害物質の発生を抑える必要があるのです。なお、酸性になると今度は胃腸にダメージを与えることになるので注意しましょう。

TOPボタン