ぽっこりお腹の原因は「お通じ」にあり!有効な成分でスリムなお腹へ
ぽっこりお腹の原因は「お通じ」にあり!有効な成分でスリムなお腹へ

お通じを良くする~ラクトフェリンはサプリが有効~

  • TOP
  • >
  • お通じの解消のために

仕事で忙しいあなたに~ラクトフェリンを上手に摂取する方法~

ラクトフェリンを摂取するには、食品に含まれているものを摂取するか、もしくはサプリメントで摂取することになります。本来、栄養素はサプリメントよりも食事で摂取したほうが健康によいのですが、ラクトフェリンは食事よりもむしろサプリメントでの補充を行なう方が良いケースが多いです。

ぽっこりお腹に効くラクトフェリンを摂取できる食べ物

チーズ

ラクトフェリン波をサプリメントでの補充が推奨されています。その理由は、食物でラクトフェリンを効率的に摂取するのは極めて難しいからです。というのも、ラクトフェリンは熱に非常に弱い性質を持っており、調理の過程で熱することで殆ど消えてしまいます。多く含まれているチーズですら市販品の場合、熱処理が加えられていることが多いため、殆どラクトフェリンが含まれていないのです。また、熱処理されていないゴーダチーズなどでも含有量は微量であるため、摂取するためには大量摂取しなければなりません。

ラクトフェリンの摂取はサプリメントのほうが効率的

上記したとおり、ラクトフェリンは食品での摂取が難しい栄養です。しかし、サプリメントで摂取すれば少量で豊富なラクトフェリンを摂取することができます。特に仕事が忙しく、大量のチーズを食べている場合ではない看護師ならば特に効果を実感しやすいです。お手軽に摂取できるので少量の水さえあれば一息つく時にさっと摂取できますし、サプリメントは腸内で溶けるものを使用すれば問題なく効果を発揮してくれます。

ラクトフェリンのサプリメントを選ぶ時のポイント

サプリメントを使用する目的
ラクトフェリンを摂取する際にはできるだけ腸内で溶けるものを使用しましょう。ラクトフェリンは熱だけではなく酸にも溶けてしまうのです。そのため、胃の中で溶けてしまうものを摂取すると摂取量が少なくなってしまいます。従来のサプリメントならば胃で溶けることで効果を発揮するものが多いのですが、便秘解消のためラクトフェリンを摂取するならば、腸内で溶けるものを探しましょう。
メーカーの技術
腸内で溶けるという謳い文句でも、実際は本当に腸で溶けているのかどうかなんて判断するのは不可能です。そのため、できるだけ信頼できるメーカーのものを選び、摂取しましょう。長年続いているメーカーのものならば実績があるため、信頼して摂取できます。
ラクトフェリンの含有量に注目
ラクトフェリンのサプリメントを購入する場合、ラクトフェリンの含有量もチェックしておきましょう。ラクトフェリンは300㎎以上が理想的な摂取量といわれており、それを下回る場合効果を実感しにくくなってしまいます。サプリメントの成分表をチェックすると含有量が書かれているので、それを目安に購入しましょう。

サプリメントは手軽に栄養を摂取できる健康補助食品です。しかし、食事のすべてをサプリで賄うのは食べ物を噛む機会がなくなるため、顎を弱らせてしまいます。また、食生活や生活環境を改めてラクトフェリンを飲むことで効果を最大限に引き出すことができるので、食品とサプリを上手に摂取しましょう。

ラクトフェリンのサプリメントを摂取するタイミング

ラクトフェリンのサプリメントを摂取する場合、飲む時間帯も大事です。効果的な時間帯は就寝中といわれています。就寝中は腸が消化管運動と呼ばれる作業に入り、動きが一時的に活発になります。この時にラクトフェリンを摂取していれば腸内の状態は大幅に改善されます。また、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌が含まれているサプリメントも一緒に摂取すれば相乗効果が期待できます。

ぽっこりお腹がスッキリ!~仕事中にできるガス抜きマッサージ~

もし、サプリメントを摂取する暇がないほど忙しい状態でぽっこりお腹を解消したいのであれば、仕事中にできるガス抜きマッサージを試してみてはいかがでしょうか。椅子に座って仕事をしている時でもほんの少しの合間を縫って行なうことで、お腹のガス抜きに効果があります。

座ってできる“トントン刺激法”

冒頭でも説明しましたが、ぽっこりお腹の原因は便と、便から発生したガスです。よって、まずはガス抜きをしましょう。ガス抜きを仕事中に行ないたい場合、座ってできるトントン刺激法という腰の筋肉をリラックスさせてガス抜きを行なう方法があるので手順を紹介していきます。

お尻の線のすぐ脇を軽く叩く

まず、椅子に座っている状態で、手は両手の小指が椅子に触れる部分に置きましょう。そして、お尻の線のすぐ脇を手でポンポンと優しく叩きます。叩いた時の振動がじんわりと広がるような叩き方が好ましいです。優しく叩くことで腰の筋肉を刺激することができます。

叩く位置をずらしていく

そのまま、徐々に叩く位置を上へとずらします。基本的に腰骨に沿って上へずらすことになりますが、叩いて気持ち良いと感じる部分のみを優しく叩いていきましょう。

ウエストのすぐ下をトントン叩く

ある程度上まで叩いた次は、自分のウエストの位置を確認しましょう。そして、自分のウエストラインのすぐ下をポンポンと叩きます。叩く強さは最初と同じく、強く叩かないように優しく叩きます。

ウエストの上部も同じように叩く

そして、ウエストラインの上も同じくポンポンと叩き、腰の筋肉を優しく刺激します。また、手の届く範囲で腰の上部も優しく叩くことで効果が出やすくなります。この時、手の位置は無理して届くような場所ではなく、余裕を持って叩ける場所を叩くことが好ましいです。

ワンポイントアドバイス!

このマッサージは緊張している腰の筋肉をリラックスさせるためのものなので、落ち着いてリラックスした気分で行なうのが好ましいです。また、叩く位置によって気持ちよさが違ってくるので叩く手のあたり具合なども試してみましょう。

「の」の字マッサージもぽっこりお腹に効果的

トイレで行なうマッサージとして、「の」の字マッサージはいかがでしょうか。このマッサージ方法は至ってシンプルであり、へそをスタート位置にして胃腸付近を時計回りに「の」の字を書くイメージでなぞるマッサージ方法です。コツとしては、温かいものを飲んでお腹を温め、腸に届く力加減でマッサージするのが好ましいです。そうすることで腸の動きが改善され、ガス抜きを行なうことができます。

仕事中の空いた時間も無駄にしない!

ガス抜きマッサージは、忙しさの合間を縫って行なうことが魅力です。しかし、一日二日だけでは効果も少なくなってしまいます。効果を実感するためには定期的に行ない習慣化させることが重要です。食生活などの見直しも併せて行なうことで、次第にお通じも改善されます。

TOPボタン